謙遜のしすぎは理解されないことがあります。

20150513kimono-hp道を聞かれたとき、すみません私の英語が下手で申し訳ありません?

 

ある日お客様が、アドバイザーYUKAに、「道を聞かれた時に、私の英語が下手で申し訳ありませんと言いたい。なんと言えばよいのか?」と聞かれていました。

 

彼女の回答は「そんなことは言わなくていい」でした。

 

母方が日本人なので何故お客様がそれを言いたいかは十分理解した上で、「日本に住んでいる日本人が英語で助けてくれるだけでも相当感謝されるはずです。その謙遜はいりません」と申しておりました。

 

恐らくYUKAだけでなく、他のアドバイザーに聞いても同じ答えが返ってくるような気がします。 

 

自分の国の言葉を日本で日本人が一生懸命話しているのだから、多少発音や文法が間違えているからといって怒る外国人の方は皆無です。 

 

日本人の精神についてあまり詳しくない観光客であればWhy sorry? と不思議がられるのが当然です。

 

皆様、海外で道に迷った時、カタコトの日本語で一生懸命道を教えてくれる人に腹がたつでしょうか? それと同じですね。 

 

日本人独特の美しさとされる難しいへりくだりや謙遜は時としてそのような文化のない国の人たちには理解されません。 

 

「できない」と謙遜して言うと「本当に能力ないんだ」とらえられることがあります。 日本人が好きな「できない」とみせかけて「できた」場合も「なんでできないと言ったんだ!」と憤慨される場合もあります。 

 

日本人の美しさの一つである謙遜がいつもすべての人に理解されるわけではないので注意しないといけませんね。    

 

ご利用初めてのお客様、先ずはご体験下さい!     無料体験!大田区蒲田の言語練習所!バイリンガルとスカイプで英会話練習! から 予約する を選択して体験ご予約を完了されて下さい!

ご利用の流れ>>